装い館 豊崎

男の子 女の子 お宮参り 着物(初着 産着)、七五三着物の専門店

創業154年 厳選した良質なお着物を、 お求めやすい価格にて取り揃えています。

創業154年

 

◆お電話で注文可能です

インターネット注文が難しい方は、お電話でもご注文可能です。ご不明な点や、ご質問などあればお気軽にご連絡下さい。

フリーダイヤル 0120‐17‐0255

営業時間:9:30~18:30
定休日:木曜日
送料無料
合計5000円以上お買い上げで“送料無料”でお届けします。

◆お宮参り着物特典◆

男の子お宮参り
男の子 お宮参り着物 
全品  家紋入れ無料 サービス!
女の子お宮参り
女の子 お宮参り着物
ご購入の方に、名入れ印鑑セットプレゼント!
お宮参り着物発送についてお宮参り着物の発送(梱包)までの流れです。
お宮参り着物の選び方
お宮参り着物(初着 産着)選び方のアドバイスです。


お客様のお声お買い求め頂いたお客様より、お声を頂きました。

お宮参り着物(初着 産着)の人気アクセスランキングです!

ごあいさつ
 

はじめまして。装い館 豊崎 店長の“豊崎 紘平”です。

当店は、創業154年。長崎街道沿いの呉服店として創業いたしました。

江戸時代より地域のお客様にご愛顧頂き、今日まで呉服店を営んでおります。

伝統と信頼を基に、厳選した商品を掲載しております。 良質な品をできる限りお安くお求めして頂けますように、日々努力しております。

ページでは分かりにくい事や、疑問などありましたら、お気軽にメールや電話でお尋ね下さい。

ブログ


きものや店長ブログ 掲載しています!

店舗紹介

装い館 豊崎

《住所》福岡県鞍手郡小竹町勝野3670

店舗紹介

携帯ページ

HOME»  Contents»  赤ちゃんが生まれてからのお祝い行事(お七夜 お宮参り お食い初め 初節句 初正月 初誕生)

◇赤ちゃんが生まれてからのお祝い行事【お七夜 お宮参り お食い初め 初節句 初正月 初誕生】◇

◇赤ちゃんが生まれてからのお祝い行事【お七夜 お宮参り お食い初め 初節句 初正月 初誕生】

お祝い行事  

○お七夜

赤ちゃんが生まれて初めての行事は、“お七夜"です。この行事は、生まれて7日目の夜におこないます。
お七夜とは、生まれた赤ちゃんに名を付け、社会の一員として仲間に迎える準備と、健やか育っていけるようにという願いが込められています。

赤飯など祝膳を家族で食べて、お宮参りの一ヶ月間命名書を飾っておきます。最近では出産した病院から退院祝いを兼ねて行うことが多いようです。

○お宮参り

生まれてから、男の子は31日目、女の子は32日目にするのが一般的です。しかし、必ずしもこの日に行かなければいけないわけではなく、お母さんと赤ちゃんの体調の良い日や休日にお参り行けば良いです。

生まれた土地の守り神に健やかな成長と健康をお願いし、氏子の仲間入りを氏神認めてもらいます。昔、出産はお母さんと赤ちゃんの穢れ(けがれ)と考えられていた為、御宮参りをすることで穢れを祓らう(うけらう)「忌明け」の意味もあるようです。

お祝い行事

○お食い初め

生まれて100日目前後にする行事が“お食い初め”です。乳歯が生え始める頃で、一生涯食べるのに困らないように食事を食べる仕草をさせる儀式です。祝い膳に、一汁三菜や鯛の尾頭つきの、赤飯、汁物、焚き物、香の物、紅白の餅の五つを用意し、歯固め石と梅干を盛り付けます。

歯固め石は丈夫な歯が生えるようにという意味で使われ、梅干しはしわができるまで長生きするという意味でのせます。使用する食器は、男の子は器の内外は赤色に塗られた物を使用し、女の子は外側が黒色で内側赤色の漆器を使います。しかし、最近では食べられるように離乳食を使った器や離乳食用の食器セットを使ったりすることも多いようです。

○初節句

赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句を初節句といいます。初節句は赤ちゃんの健やかな成長と、ずっと健康で幸せを祈るお祝い事です。女の子は、3月3日の桃の節句に雛人形や、菱餅、桃の花、菜の花、白酒を飾ってお祝いをします。ひな壇はお母さんが住んでいた家から贈られる事が多いようです。男の子は、5月5日の端午の節句に鎧兜や武者人形を飾り、こいのぼりをあげてお祝いします。

近年はマンションやアパート住まいの方も多いので、そんなときは無理をせずに、女の子は夫婦雛を、男の子なら兜を飾るだけで十分です。最近は産まれた後の1ヶ月~2ヶ月の間に節句が被った場合は来年が初節句になりますので、注意して下さい。

お祝い行事

初正月

初正月とは、赤ちゃんが生まれて初めて迎えるお正月のことです。昔から男の子には破魔弓、女の子には羽子板を贈ってお祝いをします。

破魔弓の意味は、昔は弓で射る的のことをハマといい、それに破魔の字をあてたことが破魔弓の由来のようです。「魔を射る」という意味があり、子供を邪気から守る魔除け、厄払いのお守りと考えられています。

羽子板の意味ですが、お正月の羽根突きは、江戸時代から親しまれた遊びでした。災いを「はね(羽根)のける」という意味があり、お正月の厄払いとして、羽根つきを行ない健康と成長を祈願していたようです。

飾る時期は、毎年12月13日の正月事始めのころに飾り、年が明けた1月15日のどんと焼きのころにしまうのが一般的のようですが、子供を邪気から守り無病息災と健康を願うお守りの役目をはたしているので、一年中飾っておく地方もあるようです。

お祝い行事

○初誕生

赤ちゃんが誕生して無事に1年が過ぎ、元気に成長した事をお祝いをします。祝い方は、地域によって様々なようです。餅をついて背負わす、踏ますというのが一般的なようです。

この初誕生を祝ってついた餅は、「立ちもち」「力もち」などと呼ばれ、風呂敷に包んで赤ちゃんに背負わします。誕生もちは別名「一升もち」とも呼ばれ、元気で健康な強い子になって欲いとの願いが込められているようです。地域によって様々な風習があるようなので、周りの年配者の方などに聞いてみるのも良いです

お祝い行事

◆男の子 女の子 お宮参り 着物【初着 産着】 一覧 

男の子着物 女の子着物
>>男の子着物。個性豊かな柄揃えました! >>女の子着物。華やかで可愛い柄揃えました!